代表挨拶

NKハウジング株式会社 代表取締役 海老原 正美

皆さま、はじめまして。
NKハウジングの海老原 正美と申します。どうぞよろしくお願いします。

私たちNKハウジングは「住むほどに良さがわかる、ちょっとカッコいい家」をコンセプトに自然素材の持つ心地良さ・快適さ、性能・品質にこだわり、資産価値の高い家づくりを行っております。

お客様の家、家族、未来、財産を守り、心に残る家づくりをします。

そして、親、子、孫と触れ合うストック循環型社会の貢献を目指し、お客様の財産、未来、笑顔を守ります。

家もしっかり手入れをしてあげれば、生き続ける財産です。
しかし一般的に日本では、建物の価値が40年前後でなくなってしまっています。
代々受け継がれるべき家が1代でとり壊されることも少なくありません。
お客様の想いや笑顔が詰まった家が1代で壊されていくのを見ているのは、建てる人間としても辛い現実です。
家という財産の価値をなるべく落とすことなく、1代で終わらせず受け継いでいける家づくりと仕組み作りが必要と感じ、プロジェクトを進めています。

家を建てる仕事とは…

お客様の大切な資金を預かり、これからの新しい生活の場を作る責任ある仕事です。お客様の満足を一番に考え、それぞれの想いをカタチにする。
「資金を財産に変える」その使命を果たすことが重要だと考えています。

一生の買い物であるあなたの家をつくり、守っていくお手伝いをさせて下さい。 NKハウジングは、あなたの心に残る家づくりを全うしていくために、これからを見据えた、責任ある家づくりをお約束致します。そして、そのために常に進化し続ける企業であることをお約束します。

NKハウジングの家づくりには、
3つの基本コンセプトがあります

1 心地良さの追求

肌に触れる部分は極力自然素材を使うことで、まるで森林浴をしているかのような温もりを家の中で感じることができます。
また、シックハウス症候群やアレルギー・アトピー等への影響も軽減させることができます。
また調湿機能があるため、1年を通して快適な湿度を維持することができますし、
無垢材は鉄筋やコンクリートに劣らない強度で耐震性にも優れ、年月を経るとさらに強度が増します。

だからこそ私たちは素材にこだわり、ご家族がいつまでも心地良く安心して暮らしていける住まいをご提案します。

そして性能・品質へのこだわりも欠かさないため、さらに安心して快適に暮らすことができます。

2 家の機能をデザインする

設計をする際には土地環境を考慮し、光・風・熱の出入りを踏まえた間取りと外観を設計していきます。

例えば変形地や密集地であっても、できる限り光を取り入れる工夫をしています。
風であれば風の入りと抜けを考慮した窓配置や向き、通風を考えた間取り設計等、心地良い暮らしができるように配慮しています。

心地良く住まう家づくりを遂行するために、断熱気密への配慮も含めた機能性を重要視し、
それぞれの想いやこだわり、ライフスタイルを踏まえ、“ちょっとカッコいい”家をデザインします。

3 家を負担にさせない

人生より高価なものはありません。
家を買ったきりもう他、特に使うお金がないならば、家にどんなに費用を掛けても構いません。
しかし現実は家を建ててからも様々なお金が必要になります。

子供の教育費、車の買い替え、保険、家族が楽しい思い出を作るための旅行等…
人生を楽しむためには、家に必要以上にお金を掛け過ぎるのは危険です。

徹底して家づくりの無駄を省き、できる限りコンパクトな設計にすることによって、家を建てた後も、
お客様が豊かな人生を送って頂けるようなプランニングをします。

「暮らし」「デザイン」「コスト」という通常相反する3つの要素を叶える家づくりです。

私の原点♪

私は先祖代々米農家です。
現在も建築業の傍らで米作りもしています。
田んぼを耕し、田植えをし、日々成長の為に手をかけ、稲刈り、出荷まですべて行います。
田んぼも家と同じで手をかけてあげなければ美味しいお米にはなりません。
田んぼや米はしゃべれないから、わかる努力をしてあげないといけないのです。
最近荒れた田んぼも増えていますよね。さみしいものです。家も空家が増えています。
手をかけてあげれば、まだまだ蘇る良い家なのに…
「家」も「田んぼ」も愛情を込めて作り、メンテナンスをしてあげないとダメなんですよね。
小さい頃からの米作りが、私の身体に染み付く『モノ作りには“深い愛情”がないといけない』
という考えの原点です。